30
6月

ワキの永久脱毛にはどれくらいの費用と期間が必要?

脱毛と言えばワキ毛!医療脱毛を取り扱うクリニックや脱毛サロンでもワキ脱毛のキャンペーンをよく見かけますし、もともとの施術費用も安い部位ですよね。

ワキのムダ毛は太くて濃く、頻繁に処理しなくてはいけない場所です。デリケートな部分なので肌トラブルも起こりやすく、剃り続けることで色素沈着してしまったなんて方もいますよね。

そう、女性であれば殆どの方がワキのムダ毛を「邪魔」だと思っている筈です。

ワキ脱毛がリーズナブルに出来るのは施術部位が小さくやりやすいという理由もありますが、女性の一番身近なムダ毛を気軽に処理して貰いたいと思う医療脱毛クリニック・脱毛サロンのサービスなのかもしれませんね。

そんなワキ脱毛、せっかく脱毛するのですから永久脱毛をしたいものです。脱毛には医療脱毛で行う永久脱毛と、脱毛サロンなどで行う脱毛の二種類に分かれます。

永久脱毛に掛かる期間と費用

永久脱毛は文字通り永久に毛が生えてこないように脱毛することで、ここで扱われる医療レーザー脱毛は医療機関でしか施術することが出来ません。
逆に脱毛サロンは「減毛」ですので、施術後しばらくは無毛状態を維持しますが数年後に元の毛の量より薄くなった状態で再び生えてくる場合があります。

もう生えてきて欲しくないワキのムダ毛には永久脱毛がオススメです。ではワキの永久脱毛にはどれくらいの費用と期間が必要なのでしょうか?医療脱毛で有名なクリニックを参考に見てみましょう。

永久脱毛が出来る美容クリニック

湘南美容外科クリニックのワキ脱毛の費用は、両ワキ脱毛5回プランで1,000円です。更に無期限・無制限のプランだと3,400円です。

5回1,000円のプランは一人の申し込みにつき一回しか受けられませんが、通常5回で充分ですのでとてもお得なプランですね。濃くて5回では足りないという方は無制限を選んでもリーズナブルなのでオススメです。

施術にかかる期間は、毛周期に合わせて2,3カ月ごとの施術になるため5回プランでおよそ8カ月〜12か月かかります。無期限・無制限のプランの場合はもちろん通えば通うだけ施術期間も増えていきます。

渋谷美容外科クリニックのワキ脱毛の費用は、両ワキ脱毛6回プランで9,000円、3回プランで7,000円です。施術にかかる期間は、6回プランですのでおよそ10ヶ月〜15ヶ月です。3回プランの場合は4カ月〜6か月となります。

ドクター松井クリニックのワキ脱毛の費用は、両ワキ脱毛6回プランで28,350円、3回プランで17,010円です。施術にかかる期間は、6回プランで10ヶ月〜15ヶ月、3回プランで4カ月〜6か月となります。

アリシアクリニックのワキ脱毛の費用は、両ワキ脱毛5回プランで13,750円、3回プランで10,000円です。施術にかかる期間は、6回プランで10ヶ月〜15ヶ月、3回プランで4カ月〜6か月となります。

こうして見てみると湘南美容外科クリニックが最もリーズナブルにワキ脱毛の施術を行える事がわかりますね。

各クリニックによってワキ脱毛の料金に差があります。ここで見ただけでも3,400円〜28,350円ほどの開きがありますから、ワキ脱毛を検討している方は価格等も見比べて良い永久脱毛が出来るクリニックを選んでくださいね。

参考サイト 永久脱毛WEB|口コミで人気のクリニック&サロン

5
12月

メディオスターNeXT PROを使った施術の効果

メディオスターNeXT PROとは、ダイオードレーザー式の新型医療レーザー脱毛器です。特徴は痛みが少なく、産毛などにも効果が高い事、そしてバルジ領域にダメージを与える新しいタイプの脱毛器なんです。

メディオスターNeXT PROは各地のクリニックに導入中

メディオスターNeXT PROはその痛みの少なさや脱毛の仕上がりの良さで多くのクリニックに導入されています。

湘南美容外科・リゼクリニック・レヴィーガクリニック・ゴリラクリニック・新宿マリアクリニックなど、有名な医院が脱毛に使っているんですね。

それだけ評価の高いメディオスターNeXT PROは一体どんな効果やテクノロジーが使われているのでしょうか。

メディオスターNeXT PROは今までの脱毛器とどう違う?

メディオスターNeXT PROはダイオードレーザー式の脱毛器です。ダイオードレーザー式は肌に密着した状態でレーザーを当てないと火傷してしまう性質があり、そのリスクを回避するためにレーザーの照射口に冷却装置が取り付けられているんですね。

レーザー脱毛の痛みは熱で毛根を焼ききられる時の痛みです。冷却装置があれば熱が肌に与えるダメージを抑えてくれるので、痛みが少ないんですね。

そのため従来のレーザー脱毛で肌が赤くヒリヒリになってしまった人でも、メディオスターNeXT PROなら問題なく脱毛できる場合も多いのです。デリケートな顔の皮膚にも安心して使える脱毛器と言えるでしょう。

さらに従来の脱毛器と違い、メディオスターNeXT PROは毛根と毛のもとになる幹細胞があるバルジ領域両方にレーザーを照射する機能があります。

今ある毛は毛根を焼き切る事で脱毛できますが、バルジ領域にある幹細胞が分裂してまた毛を生やしてしまいます。そのバルジ領域を攻撃する事で毛の再生を防いだり、産毛など色が薄く従来のレーザー脱毛が効きにくい毛にも効果が出るんですね。

これがメディオスターの特徴「痛くない・肌ダメージが少ない・産毛もよく抜ける」というメリットの根拠なんですね。従来の脱毛器で問題になっていた「痛い・時々肌が赤くなる・産毛が抜けにくい」というデメリットを解決する脱毛器と言えるでしょう。

メディオスターNeXT PROを使った施術の効果とは

まだ新しい脱毛器のため口コミは多くありませんが、やはりヒゲ脱毛を受けた男性からは肌が赤くならない、痛くない事が好評なようです。女性の顔脱毛でも、産毛までよく抜けて脱毛の完成度が高いと評判のようですね。

デメリットといえば、従来の脱毛器よりまだ少し脱毛の価格が高い事くらいです。肌が敏感な人、産毛までしっかり脱毛した人はメディオスターNeXT PROを導入しているクリニックがオススメですね。

17
4月

医療レーザー脱毛とニードル脱毛の違い

「お医者さんがいる病院で安全に脱毛したいな」と思う人は多いですよね。
しかし、病院で脱毛すると言っても、実は大きく分けて2通りの方法があるのはご存知でしょうか?

医療レーザー脱毛とニードル脱毛、それぞれにメリット・デメリットがあるので自分に合った方法を選ぶ必要があるんですね。

医療レーザー脱毛の特徴

医療レーザー脱毛は基本的に脱毛サロンと近いメカニズムで脱毛をします。毛の黒い色に反応する光を当ててムダ毛に熱を伝え、毛根を焼き切って脱毛するという方法です。

医療レーザー脱毛はレーザーですが、脱毛サロンなどで行われるフラッシュ脱毛はキセノンランプが光源です。フラッシュ脱毛と比べて医療レーザー脱毛のほうがずっと出力・効果が高い事が特徴です。

医療レーザー脱毛はフラッシュ脱毛の3分の1程度の回数で剃ったり抜いたりの自己処理が不要なほどツルツルになります。脱毛サロンが15〜18回で脱毛が完了するところを、医療レーザー脱毛は5〜6回で脱毛が完了するんですね。

デメリットとしては高出力のレーザーを当てるため、脱毛する時かなり痛いという事が挙げられます。

痛いのが苦手なひとは比較的痛みが少ないダイオードレーザー式の医療レーザー脱毛を行っている医院を選ぶといいですね。

ニードル脱毛の特徴

ニードル脱毛とは、毛穴に電気針を刺し込んで電流を流して毛根を破壊する脱毛方法です。ニードル脱毛最大のメリットは、1度脱毛したムダ毛はほぼ復活しないという事です。

医療レーザー脱毛の場合、脱毛完了からしばらく経つとムダ毛が復活してきてしまう場合があります。ニードル脱毛はそれが無いんですね。

ただニードル脱毛はデメリットも多く、まず価格が高いという点が挙げられます。1本ずつムダ毛を電気針を使って人間が処理するため、どうしても手間と経費がかかって高くなってしまいます。全身をニードル脱毛したいなら百万円以上は軽く覚悟しなくてはならないでしょう。

あと痛みが医療レーザー脱毛の比ではないという事です。針を差し込んで電流を流すため、かなり痛いです。そしてそれがムダ毛の本数だけ痛みが続くため、かなりつらい脱毛方法だと言われています。

医療レーザー脱毛とニードル脱毛を使い分けよう

脱毛効果が高く値段もそこそこの医療レーザー脱毛と、手間とお金はかかるけど完璧に脱毛ができるニードル脱毛はそれぞれ違った性質を持っているんですね。

どちらがいいというのではなく、医療レーザー脱毛処理しても何度でも復活してきてしまうムダ毛を処理するためにニードル脱毛を使うと、脱毛の完成度を上げる事ができます。

そして医療レーザー脱毛で効果が薄い白髪や産毛などにもニードル脱毛は効果的なので、場面によって使い分けたいですね。

まず医療脱毛を検討しているなら、医療レーザー脱毛を最初にするのがオススメですね。ニードル脱毛は医療レーザー脱毛完了後、必要なら検討してみるといいでしょう。

30
9月

両ワキと両ヒザを脱毛サロンで施術した際の料金

露出の多い夏も過ぎて、秋になろうとしています。来年の夏に向けて、一番気になるところだけでも脱毛しようかな…と考える女性も多いですよね。

毎回の処理が面倒で、でも剃らないと目立って大変なワキ毛は、脱毛したい個所ナンバーワンですし、ほとんどの脱毛サロンが安い値段で提供しているのが魅力です。でも、気になるところはワキ毛だけじゃない!

中でもヒザのムダ毛は、ない人は全くなくてツルツルなのですが、ある人にとってはかなり気になり、かつとても目立ち、毛質も太くて固くて、悩みのタネになっている場合がほとんど。

そんな気になる両ワキのムダ毛と両ヒザのムダ毛、一緒に施術しようと思った場合、どれくらいの料金がかかるのでしょうか?脱毛サロンで有名なミュゼプラチナムとエピレを例に見てみましょう。

 

ミュゼの脱毛料金

 

ミュゼでは、「両ワキ美容脱毛完了コース」というコースをやっています。これは回数制限なく両ワキの脱毛が出来るお得なコースで、値段も通常3,600円、WEB申し込みで2,600円です!

はじめてミュゼを使用する場合は、現在キャンペーン中(WEB予約限定)でなんと200円で受けられます。もちろん毛周期に合わせて2,3カ月に一回の施術になりますが、ワキ毛が完全になくなるまで通えます。

両ヒザをやる場合は、「フリーセレクト美容脱毛コース」のSパーツになります。4回12,000円、8回17,664円です。合計すると、最高値(両ワキ通常価格・ヒザ8回)で21,264円、最安値(両ワキキャンペーン価格・ヒザ4回)で12,200円です。

 

エピレの脱毛料金

 

エピレでは、「両ワキ脱毛回数フリープラン」というプランがあります。ミュゼと同じく、回数制限なく両ワキが脱毛できるお得なコースです。通常価格は3,000円ですが、こちらも現在のキャンペーンで初回に限り250円で脱毛することが出来ます。

両ヒザの脱毛は、「フリーチョイスプラン」からセレクトして施術します。Sパーツになりますので、こちらは6回13,500円です。

合計すると、最高値(両ワキ通常価格)が16,500円、最安値(両ワキキャンペーン価格)で17,000円になります。

 

どちらも両ワキが安いので、合計値もそんなに高くありませんね。両ヒザというのは所謂「ヒザ小僧」ですので、範囲もそんなに広くありません。

ただ、ヒザ小僧だけの施術ですので、脚の部分は脱毛しない形になります。ヒザが綺麗になって、じゃあ脚も…となると、範囲の広い脚(ヒザ下・ヒザ上)では料金が倍以上かかってしまいます。

脚全体と両ワキをやると、どちらも6,7万円になってしまうので、そうなりそうな場合は、脱毛ラボなどでの全身脱毛を考えることをオススメします。