脱毛サロンによって施術スピードに差が出るのはなぜ?

ムダ毛に悩む女性にとって、脱毛サロンは最後の砦とも言える存在です。

剃ったり抜いたりといった、自己処理ではすぐに毛が再生されてしまいますが、施術を受ければムダ毛が生えてこないお肌になるからです。

脱毛サロンを比較していると、つい料金ばかりに目がいってしまいますが、施術スピードに注目すると、サロンによって大きな差があることが分かります。

ワキのような比較的狭い部位でしたら、左右両方を施術しても3~5分という短い時間で済みます。しかし、最近は全身脱毛を希望するお客さんが増えています。

全身の脱毛というのは、施術する範囲が広いために、サロンによって施術にかかる時間に大きな差が出ます。

最新式脱毛マシンのキーワードは「連射」

脱毛サロンでは、黒い色に反応する光を照射する脱毛マシンを使って施術を行っています。

この光をお肌の上から当てると、お肌にはほとんど向かわずに、毛に集中的に向って行き、毛根にダメージを与えることで毛が生えてこないようにします。

従来の脱毛マシンは、連続で照射することができず、1回照射してから少し時間をあけて、2回目の照射をするといった具合でした。

照射できる面積は、脱毛マシンのヘッドの大きさに比例します。休み休み施術をするので、どうしても時間がかかってしまうという面がありました。

そこで、連続照射が可能な新しい脱毛マシンが作られました。照射してすぐに次の照射に入ることができるので、大幅に時間を短縮することができます。

全身脱毛であれば、今まで3時間以上かかっていた施術が、60分までに短くできるようになりました。

脱毛マシンの違いによって、施術スピードは大きく変わってきます。

新しいマシンを導入している脱毛サロンは、全身脱毛を1回の施術で全て行っていますが、従来のマシンのサロンは1回の施術で全身のうち上半身だけ行い、次回下半身の施術を行うなど、何度か通うことで全身1回分の脱毛をしています。

こうすることで、1回あたりの施術時間を短くしています。

施術スピードが早いのは銀座カラーとC3(シースリー)

有名な大手の脱毛サロンでみると、施術スピードが早い脱毛マシンを導入しているのは銀座カラーとシースリーがあげられます。

どちらの脱毛サロンも、全身脱毛一回分の施術が一時間程度で終わってしまうので、これは画期的な速さと言えるでしょう。

最近ではミュゼも新しい脱毛マシンを導入するという話も聞こえてきますが、他のサロンもこの流れに追随していくものと考えられます。

いずれにしても、利用者にとってはメリットが大きいサービスの改善です。